琵琶湖

水温も上昇し、いつもならこの辺りでと狙うエリアも反応するが、いつも通りにはいかない。
潰されてるエリアもあったりで、苦戦が続いている。

先週、木浜は夜間に駆除差し網を三回やったらしく、バス、ギル、ハスで3トン弱捕獲されたらしく、更に木浜のヤンマーマリーナまわり、名鉄ワンド内2回、紅パラから競艇場~大津港内、琵琶湖マリン、雄琴港を今年になって電気ショッカーやって 2トンくらい駆除したらしい。
去年は南湖だけで900㌧以上駆除されていると聞いた。
仮にキロフィッシュと考え、バス半分としても45万匹駆除されたことになる。
南湖1ヶ月に瀬田川や、北湖から3~4万匹入り込んで来て今までの生体数と考えても入ってくるのか?って感じですよね~
この釣れん具合から、真面目に魚は減ってしまっているんだろう(/ー ̄;)

昨日はバイト的には10バイトぐらいで20センチ、42~48×3、30ぐらいのハス。
40アップやバイトは殆どが巻き巻き、一本だけジグ、20センチはバイブで、ハスはミノーでした。

朝と夕方しか何故か食いません。
エリアも比較的絞られており、釣れないエリアでは何度流しても食わない感じで、釣れたエリアも何度流しても昼は食わない感じです。

琵琶湖の南エリアは、浚渫の埋め立てや、藻刈りが続けられさらに悪化していくのだろうか?(*´ω`*)

春はこんなに近づいているのに!
琵琶湖 | Home | スーパービッグワームシリーズ