スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TF的 オフサイト

まずは最近のガイドの釣果です。

この時期の私の狙うヘビダンエリアは非常に高度なんでしょうか?
とくに今年は水位が下がらないためか、ウィードの伸び加減が昨年と明らかに違うと感じてしまう。

しかし、私の狙うエリアではまるっきり見えないエリアもヘビダンで狙う。
んっ???どうやって?それが地形のオフサイトなんです。
見えなくても最近のロッドは感度がいいので十分地形を感じることは出来る。

船の進行方向は必ず下となり、ゲストさんには打てない死角であり、エレキでゴリゴリやっていくエリアとなる。
3人で3方向に打って進めば芝刈り機同様ですから、誰が釣れてもおかしくないんです。
無駄になるエリアを私が打っているだけです。
私が打つことをやめても、リアのゲストさん二人の釣果は変わらないということです。

そこで違いが出るのは、ロッド操作力と、地形のオフサイト力と、動かし方です。
もうひとつは、打つ数!少しずれても食わない場合もあり、タイミングを合わせることも重要となります。
私は一番後ろに乗っても、釣る自信はあります。
バスのモチベーションや、魚の入り方で釣果も影響しますが、今まで何年もこの釣りをしてきていますが
理解できているゲストさんは、リアでも私より釣っちゃいます。
まずはガイドを見て、打ちまくって覚えることが一番ですね。

もうひとつはエリア探査力が、私のガイドの魅力なのかもしれません。
じっくり学びに来てください、TFプロガイドは時間が長いですから(^^;)
写真はこれまでの釣り上げた、この時期ならではのTF的オフサイトでの
数少ないハイブリッド?フロリダ?こんな子達を目指しています。

私の尊敬する、庄司 潤プロの地形のサイトは素晴らしい威力を発揮する。
私とほとんどエリアとスタイルが違うので、庄司塾に行くのもプラスになるのかも!
庄司プロのHPをサイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。